Hot News

4月7日、「布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 8BEATのシルエット2016【BEAT2】GUITARHYTHM伝説'88~ソロデビュー再現GIGS」が国立代々木競技場 第一体育館にて行われました。

この日、布袋氏が使用した機材をご紹介いたします。
布袋氏の立ち位置中央には、FREE THE TONE製カスタムMIDIフットコントローラーが配置されています。このコントローラーでKEMPERを制御しています。
コントローラーの右側には、BOSS DM-3をホールドさせるための改造フットスイッチ、その右側にはマスターボリュームコントロール用BOSS/FV500Lが置かれています。
ラックシステム内には、PETE CORNISH製カスタムインプットセレクターとFREE THE TONE製カスタムMIDIフットコントローラー(ギターテック用)、メインアンプのKEMPERが2台、そしてGUITARHYTHMの再現ライブのため用意されたDM-3も組み込まれています。
布袋氏の立ち位置中央には、FREE THE TONE製カスタムMIDIフットコントローラーが配置されています。このコントローラーでKEMPERを制御しています。 コントローラーの右側には、BOSS DM-3をホールドさせるための改造フットスイッチ、その右側にはマスターボリュームコントロール用BOSS/FV500Lが置かれています。 tc electronic/polytuneチューナーの左側と改造フットスイッチ上部には、足元撮影用カメラがセッティングされていました。

PHOTOS

ARTIST

SUPPORT