ARC-53M

ARC-53M AUDIO ROUTING CONTROLLER

更なる自由と表現力をプレイヤーへ

DETAILS

ARC-53M
製品名 ARC-53M
概要 AUDIO ROUTING CONTROLLER
定価 Silver:¥60,000(税抜)
Black:¥63,000(税抜)※受注生産
アップデート ARC-53Mソフトウェアバージョンアップのお知らせ
ダウンロード ARC-53M 寸法図
AUDIO ROUTING CONTROLLER ARC-53M マニュアル
多機能、高音質、高耐久性を受け継ぎ、定番スイッチャ―ARC-3を小型化したモデルARC-53Mが遂に登場!
ギターやベース、エフェクターやアンプが持つ個性を最大限に生かす内部電圧+/-15Vdcで動作するHTS(Holistic Tonal Solution)サーキット、MIDI機器の制御等の基本スペックはそのままに小型化いたしました。
より身近になったプロ仕様のAUDIO ROUTING CONTROLLERを是非体感してください。
※ブラックカラーは受注生産です。
※本製品はFREE THE TONEオンラインショップ及び ARCシリーズ取扱特約店のみでの販売になります。

HTS(Holistic Tonal Solution)サーキット搭載

新たにフリーザトーンが開発したHTSサーキットは、ペダルエフェクターに全く新しい概念をもたらしました。

このHTSサーキットは、主に信号の入力部から出力部まで、エフェクターのインターフェイスとなる部分を担います。True-Bypass回路や、一般的に使用されているバッファー回路と電子スイッチのコンビネーション回路が持つ欠点を解決しただけなく、前後に接続される機器との相関性、更にはHTSサーキットに取り込まれているエフェクト回路の動作をも総合的にマネージメントします。

ペダルエフェクターの組み合わせによる相性は、取り扱う信号レベルだけでなく、入出力インピーダンスによる信号の特性に影響されます。True-Bypassを使用したエフェクターを組み合わせて行くと、使用するコンビネーションによって信号の特性がエフェクターを切り替える度に変わってしまいます。この信号の特性の変化が、音質、音像や音の位置に大きく関わります。エフェクターをONにした時とOFFにした時の、根本的な質感の違い、異質な部分を感じた事があるのではないでしょうか。それが、エフェクターに隠された大きな問題点です。

HTSサーキットは、入力回路、ノイズレスエフェクトON/OFF回路、出力ドライバー回路から構成されます。

入力回路は、入力される信号源の状態に応じて適正に信号を受け取り、不必要な帯域のノイズを除去し、ピュアなギター信号をエフェクト回路に送り出します。フリーザトーン製エフェクターのS/Nが非常に良いのも、このHTS入力回路の効果です。

エフェクト処理された信号は、ノイズレスエフェクトON/OFF回路に送られます。この回路は、FET等のスイッチング素子を使用していないため、電子スイッチ回路が持つ独特の歪感や音の鈍さがなく、ギターのサウンドをより生き生きと伝える事ができます。

ノイズレスエフェクトON/OFF回路で選択されたエフェクト音、もしくはバイパス音は、出力ドライバー回路に送られ、最終的に次の機器へと送られます。エフェクトのON/OFF状態に関わらず、信号の出力インピーダンスは一定で、常時安定した信号を送り出します。また、エフェクトOFF時のHTSサーキットは、ギター本体の持つサウンドを自然に忠実に出力します。

HTSサーキットによりマネージメントされたエフェクト音とバイパス音は常に同じ質感を保ち、今までプレイヤーを悩ませてきた問題点を本質的に解決しました。

FEATURES

  • HTS (Holistic Tonal Solution) サーキット搭載。
  • 特注のフットスイッチを採用し、クリック音が静かで反応が早く、素早い操作に対応します。
  • フットスイッチ同士の間隔は70mmで、一段目と二段目の角度を変える事により、小さな筐体サイズながら操作しやすい配置となっています。
  • プリセットや設定を行うための専用パネルを装備。エディットメニューの階層をできる限り少なくし、飛躍的に操作性が上がりました。エディットのために多くの時間を割く必要はありません。
  • プリセットやバンクのエディット機能(コピー、デリート)が備わっています。
  • DISPLAYモードを切り替える事によって、現在送信しているMIDIチャンネルごとのプログラム・チェンジ・ナンバーが一目で確認できます。
  • 機器の内部基板へ、汗などの水分が直接入り込まないように、フットスイッチ上部のLEDにはレンズを使用し、ディスプレイ部にはフェルト製のシートが裏側に貼付されています。
  • 強度の高いプラスチックモールドタイプのフォーンジャックを採用。長期間の使用にも安心です。
  • MIDIプログラム・チェンジ・ナンバー同時送信数:4(MIDI送信チャンネル:CH1〜CH4 固定)
  • MIDIコントロール・チェンジ・ナンバー同時送信数:4

SPECIFICATIONS

ループ数 5(シリーズ・ループ:4 セパレート・ループ:1)
プリセット数 200(20バンクx 10プリセット)
コントロール端子 3系統(ラッチ、モーメンタリー切替可能)
入力インピーダンス 1MΩ(HTS-IN)
出力インピーダンス 200Ω以下(OUT)
電源 DC12V 専用ACアダプター(FA-1220D-JA)
消費電流 約400mA(最大値)
サイズ 330(W)×92.5(D)×60.5(H) mm(フットスイッチ、ジャック等の突起物を含む)
重量 約1.1Kg(付属品を含まず)
付属品 保証書、取扱説明書、専用ACアダプター(FA-1220D-JA)、ゴム足×4個

FAQ

ARC-3とARC-53Mはリンクして使用可能ですか?
ARC-53Mにはリンク端子が装備されておりませんが、MIDI対応になっておりますので、MIDI接続する事により2台を同時に使用する事ができます。
例)ARC-3 MIDI OUT→ARC-53M MIDI IN

上記接続の場合はARC-3でプログラムしたMIDIプログラムチェンジナンバーをARC-53Mが受信して、ARC-53Mの特定のプログラムを呼び出せます。これによりARC-3でARC-53Mをコントロールする形になります。

<注意>
プログラムチェンジナンバーは1~128番までなので、ARC-3からARC-53Mのプリセット呼び出しも128までになります。
ARC-53Mは10プリセット×20バンク=200プリセットですが、プリセット129番以降はARC-3からは呼び出しできません。
ARC-53MでFT-1YのON、OFFをMIDIで制御する設定を教えてください。
ARC-53M設定手順は下記になります。
1) FT-1Y設定:MIDIチャンネルが1CH、またはAL(オムニモード)にしてください。
2) MIDI CCナンバー設定:エディットモードにてARC−53MマニュアルP11「CSW CC#」の手順で「CCナンバー61」を設定してください。
入力する設定は下記になります。
パラメーター1:CSW1
パラメーター2:61(MIDI CC#)
パラメーター3:CH1(MIDIチャンネル)
3)プログラム:エディットモードからPSモードに切り替え、ARCのフロントパネルのマルチステイタスLEDをMIDI CC#に切り替えます。CSW1番のスイッチをオン/オフするとFT-1Yのエフェクトオン/オフが切り替わります。
ARC-53Mと機器をMIDI接続するとノイズが発生して、MIDI接続を外すとノイズが無くなります。何故ですか?
稀にARCシリーズ(またはスイッチャー全般)とMIDI接続するとノイズを発するエフェクターやアンプがあります。これはエフェクター(またはアンプ)のMIDI受信回路がシグナル・グランドと接続されていることによってグランドループを形成してしまい、それが原因でノイズが出るという症状です。
この場合、エフェクター(またはアンプ)の回路設計が問題なので、ARCシリーズ(またはスイッチャー全般)側では解決できません。グランドをリフトした専用のMIDIケーブルを作製する必要があります。
ARC-53Mをエフェクターボードにビス止めして使用しても大丈夫ですか?
ARC-53Mは、ボードへのビス止めを想定して設計しておりませんので、ビス止めはお止めください。ビスが内部の基板に接触したり破損させてしまう可能性があり、故障の原因となります。お客様が製品に穴を開けビス止めすることは改造となり、製品の保証対象外になりますので予めご了承ください。
ARC-53MのMIDIプログラム チェンジナンバー送信の方法がわかりません。
下記を参考に設定してください。
<プログラム チェンジナンバー送信設定>
例)ARC-53Mのプリセット1にMIDIチャンネル1でプログラムチェンジナンバーを保存する方法
*ARC-53Mに接続する機器はMIDI受信 チャンネル1に設定してください。
*複数接続する場合にはそれぞれ別のMIDIチャンネルを割当てください。

1) ARC-53Mをプリセットモード状態にし、プリセット1を選択
2) DISP MODEスイッチを押し「MIDI PC & CC#」を選択
3) セレクト・スイッチ1を選択し、送信したいMIDIプログラム チェンジナンバーをINC/+、DEC/−スイッチを使い設定。
*セレクト・スイッチ1~4にあらかじめMIDIチャンネル1~4が割り当てられています。セレクト・スイッチ1を押すとMIDIチャンネル1で送信される MIDIプログラム チェンジナンバーをディスプレイに表示します。初期設定はすべて「OFF」です。(ARC-53Mマニュアル8ページ参照)

SUPPORT